のんある。

東京都では飲食店での酒類提供が禁止になっている。もう1ヶ月近く居酒屋にも行っていないのでどんな感じなのかはわからないが、意外にもノンアルコールのドリンクをうまく使ったコースなども振る舞われているようだ。最近の自分は遠慮がないので、一杯目はビ…

痛み。

一昨日の夜から胃が痛い。なにが原因なのか果たしてわからぬまま、しだいに痛みは引いていった。最近なにかにつけてままならぬことが多い。いまのあしもとが好調なのか不調なのかよくわからなくなってくる。ひとつ明確なのは、ある時期にラクをしてしまうと…

おちょやん。

「おちょやん」がきょうで終了。5ヶ月半、早かった。なんというか、主人公の人生は必ずしもバラ色ではなくて、終わりもハッピーエンドというわけでもないのだけど、それがまたよかったと思う。「生きるっちゅうのは、ほんましんどいけど、おもろいなあ!」と…

執着。

ワクチンの接種と予約が本格化してきて、これが狂騒曲になっている。すごく醒めたことを言うと、みんなよくぞ生への執着があるなあと思う。じゃあお前はどうなのか、もっともっと長生きしたいんじゃないのか、やり残したこともたくさんあるんじゃないのか、…

拓く。

高校生くらいの頃からか、僕は人生の選択肢に直面したときに、「そこにいる人たちと過ごして自分がいい方向に引っ張られそうな」方をいつも選ぶことにしていた。高校のなかでのあれこれも、大学でのあれこれも、たいていはそんな選択をしてきた。心がブレて…

備蓄。

いま、自宅で水や食糧を備蓄している。3日くらいはライフラインが寸断してもなんとか生きていけるように、とは考えている。別にそんな胸騒ぎがするから、と言うつもりもないのだが、いまはいつなんどきそのような事態が起こるとも言えない時代にきていると思…

オリンピック卒業。

オリンピック中止の声がますます大きくなるなかで、ついにはアスリートにも直接怨嗟の声が飛ぶ事態になっている。これはもう本末転倒でもあり、かわいそうとしか言いようがない。ただこういうことが積み重なって、オリンピック自体のレピュテーションもずい…

ヤマ場。

グッと感染者数が増えてきた。特に地方での伸びが著しい。首相は「人流は抑えられている」というけれども、ゴールデンウィークは旅行をした人もかなり多いはずだ。大手旅館などもそこまで稼働は悪くなかったと聞く。しかもいまは変異株が増えている。ここま…

感極まる。

会社で資料の整理をしているとふと、涙が出てきそうになった。この2年、大きな仕事もやり遂げたけれども、うまくいかないことのほうがやっぱり多くて、そういう思い出がどわっとひとかたまりになって押し寄せてきて、胸が詰まってしまった。まだこの職場で働…

見たいものだけ。

SNSが発達した結果、人々は自分の見たいものだけを見るようになった。それ以前の、マスコミが好きなように洗脳報道をしていた時期も異常といえば異常だったのだが、結局そういうものが取っ払われてみながそれぞれに好きな情報を取れるようになっても、事態は…

長閑。

さすがに5日間も休んでいるとフルスロットルで働くことができる。僕は生来長く休むのが性に合わないのだなあとつくづく思うし、そもそも長い休みを必要とするほどいま仕事がしんどいわけでもない、ということなのだろう。ゴールデンウィーク、不思議な期間だ…

ハンマム。

連休も最終日。今年もほとんど出かけられなかったので、昔の旅のことを思い出す。2月にモロッコのことを書いたけれども、ハンマムのことを書いていなかったっけ。ハンマムはモロッコの公衆浴場のようなものだ。今でこそサウナは好きなのだが、あの当時はサウ…

ワンルーム。

あんまり思い出すことも少なくなってきたのだけど、2007年から2011年までは武蔵小山に住んでいた。築15年超のワンルーム。いまとなってはテーブルもろくになかったんだっけ。そして洗濯機も置かずに、週に一度近くのコインランドリーに通っていた。コンロは…

手に職。

うーん、昨夜のNスペはなかなか衝撃的な内容であった。大阪がもう既に医療崩壊しているということがまざまざと分かった。このペースでいけば首都圏もゴールデンウィーク明けにはどうなっているか。のんきに出社して仕事している場合ではないのかもしれないと…

陰謀論。

長年お付き合いしていた人がいきなり素っ頓狂なことを言い出した。失礼を承知で言えば、もしかしたら認知症のはじまりなのかもしれない。年齢に限らず発症するというし、ストレスも溜まっているのかもしれない。もっと言うと、陰謀論を言い始めたのである。…

三たび。

令和に元号が変わってきょうで丸2年になる。2年前は祝賀ムード満載だったのだ。そこから1年経って、昨年は緊急事態宣言真っ只中でステイホームが叫ばれ、さらに1年経っても3度目の緊急事態宣言下となることはさすがに想像できなかった。平成のことを思い返し…

不得手なもの。

パワポで資料を作ったり、Excelでフォーマットを作るのが大の苦手である。そういうものからずっと縁遠い人生を送ってきた。一時期File makerだとかをいじくったことはあるが、プログラミングとも無縁だ。そんなもんだから、レイアウトを整えるだとか、使い手…

歩く、歩む。

久しぶりに都内をてくてく歩く。ちょうど気持ちの良い季節だ。公園にはそこかしこに花が咲いている。歩いていると気分も晴れてくる。ああ去年の夏もよく歩いていたなあと思い返す。あの頃、ひたすら歩くことで僕は自分を少しずつ取り戻していったようにも思…

修行。

うーん、在宅勤務だったのに、お昼を食べる時間もろくになくパソコンに向かっていた。さすがに1日12時間くらい座り続けていると運動不足を感じる。しかもどちらかというと自分が苦手な業務である。手順書を作ったり、チェックシートを作ったり。もれなく網羅…

虚構と手触り。

「この会社が世の中に存在し続けてくれないと困る」「君がいたからこそ助かった」というような言葉をこれまでいくつかけてもらっただろう。所属していた会社が潰れそうだったこともあったが、それでもあの時に生き残ることができたのは、前述のような仕事を…

ヒラスナ。

ふと、平砂宿舎に住んでいた時のことを思い出す。もう20年前になるのか。当時からぼろぼろで、刑務所よりも残酷な住環境と言われたっけ。4.5畳のがらんとした部屋に、さびだらけのベッドがひとつ。そこにアルミラックを持ち込んで、ベッドの下には衣装ケース…

早回し。

Covidが世間を賑わせてからはや1年超、Covidがいろんなものの時計を早回しにしたのは確かである。自粛とワクチンがあればCovidが退治できて前の生活に戻る、ということも考えないほうがいい。コロナを言い訳にして構造改革をしたり、以前のビジネスモデルを…

変異株。

インドとブラジルで感染拡大している変異株が本当の試練だと思っている。水際でこれをいかに防ぐか。そして、オリンピックはもはや中止にするしかないだろう。普通に考えれば中止にすべきという判断に至るはずだが、その決定を下せる人がもう内部にはいない…

不具合と。

今年のお正月に続き、短いスパンで人間ドック。前回が年末年始の飽食によるものだったのかはわからないが、軒並み数値が改善しており、再検査の必要も消えていてなにより。やっぱり贅沢なものを食べるとわかりやすく悪化するもので、人間の身体は長年粗食に…

甘美な。

マリーンズは岡大海の逆転サヨナラホームランでこれで引き分けを挟んで6連勝。開幕5連敗からあれよあれよと巻き返してついに2位に躍り出た。「勝ちに不思議の勝ちあり」とはよく言ったもので、まあ波がきているときはこんなものなのだろう。きょうもビハイン…

1年。

去年のあのことから1年になる。夢であってほしいだとか、時間を巻き戻してほしいだとか何度思ったことか。そして、取り返せるチャンスもあったのにふいにしている自分もいる。一方で、これこそが自分の人生に必要な試練だったのだ、という思いも消えない。い…

睡眠。

最近は昼間に密度濃く過ごしているので、夜は目を閉じるといつも程なくして眠りに落ちてしまう。6時間くらいして目が醒めてしまうのだが、まあまあ睡眠はよく取れていると言っていい。毎日いろんなことがあるけれども、ひとまず眠れていればなんとかなるもん…

法人。

3月末でかなりの人が会社を去っていった。この先進む道が正しいのかどうかはわからないけれども、4月に入って少し時間が経って、職場の雰囲気は明らかに変わった。あまり仕事もなく澱んだ空気をもたらしている人がそのままいなくなるだけで、これだけ変わる…

性格テストと規律。

性格テストを受けてそのフィードバックをもらった。回答傾向自体は一貫しているものの、協調性がない、情緒や感性に基づいて考え行動することが多い、人をエンパワーすることに喜びを感じる、、等々あんまり基本的なところは変わっていない。もういい歳だし…

変える勇気。

東京も目に見えて感染者数が増えてきたが、ムードはのんびりしたものである。飲食店もそれほど閑散としている感じもしない。明らかに、弛緩した状態で変異株が広まっている。真っ当な考えができるマネジメントならば、出社率を抑制すべきであると判断すべき…