マインドセット。

同僚に、なんとも仕事の能力に欠けるメンバーがいる。自分よりも歳上なのに、言われたことしかこなそうとしないし、言われたことすら、半分くらいは忘れて抜け落ちてしまっている。ミスも多い。


かといって、やる気がないわけではないらしい。本人なりにはがんばってはいるようだ。とはいえ、そのがんばっている水準も低い、というのが正直なところである。


自分自身がカバーしなければならない部分が増えるのでややもするとその人の言動にはイライラしてしまうのだが、同時にかわいそうだな、という気持ちにもなる。ロールモデルとなる人や、上司からの適切な指導を受ける機会がなかったのだろう。そして当人自身、仕事を苦行としか捉えられていないようである。楽しさを見出そうというマインドセットを持ち得ていない、というのは不幸なことである。どこにいけば、楽しい仕事があるのだろうか。受け身でい続ける限りはそんな場所はどこにもないのだろう。


もうすぐ当人とはチームも離れてしまうのだろうけど、こんな思いをわざわざ伝えることもおせっかいだろうか。自分の目の前を通り過ぎていった人にはみな幸せになってほしいという気持ちはあるものの、そのやり方は間違えられんな、とも思っている。