生き直し。

家族で少し離れたショッピングモールへ。今まではバスで行っていたが、気候もいいので片道45分かけて自転車で向かった。坂道が多く汗だくになったが、いい運動で気持ちいい。

このショッピングモールに来るのは半年ぶり。去年はよく来ていたのだが、足が遠のいていた。来ると去年の記憶がいろいろと甦る。

去年のことを思い返せば、息子は本当に大きくなったし、できることが増えた。ベビーカーで外出することもほとんどなくなった。言葉も増えたし、ごはんも1人でかなり食べられる。

この頃、何度も何度も、息子に対して、大きくなったなあという感慨を抱いている。息子の人生がこれから大きく広がっていくことを追体験していくなかで、僕もまた、新しい人生を生き直しているような感覚になる。

子どものことが好き、というよりは、子どもに依存して生きている、というほうが当てはまっているのかもしれない。当たり前のようなことを繰り返し言っているけれど、それほどまでに、子どもがいる人生は(僕にとっては)良いものだと思う。