AO。

なんだか最近若い世代の人の詐称事件を発端として、AO入試自体が否定される論調だったりする。確かにAO義塾という名前の団体が存在するのにはびっくりしたし、渦中の彼がやってしまったことは問題だけれども、AO入試自体が非難されるのはお門違いだと思う。

僕の通った大学にもAO枠があったが、そこから入学してくる人はみな勉強熱心で、はっきり言って他の試験を通じて入学した人よりも大学時代に自分を成長させていたような記憶がある。学力試験に受かるための知識は、大学で取り組む学問のなかでは基礎レベルでしかないし、それまでの蓄積よりも、大学に入ってからの努力の方が100倍くらい大事だ。というか、大学以降の伸びは才能よりも努力の方が100倍くらい大事だ。

たとえ努力の方向性が一時的に間違っていたとしても、早い段階で試行錯誤を繰り返していれば、正しい方向に方向転換できる可能性も高くなる。嘘をついたことも含めて、失敗してもやり直しはきく。

渦中の彼は想像もつかないくらいのバッシングのさなかにいるのだろうけど、この経験をくぐり抜けたからこそできるアクションもあるのだと思う。今すぐは無理だろうけども、僕は叩かれても立ち上がってくる姿を見たい。